« 事務のゆみです。 | トップページ | めっきのてつです。 »

2007年3月19日 (月)

バフのももです。

バフ仕上作業において、一番の敵はせっかくつけたメッキ層をすり潰して『 地肌 』をだすことだ。
地肌を出すということは、バフ職人として恥ずべきコトでもある。

最近では、顧客の要求も多様化してきていて、硬質クロムにもかかわらず、5ミクロン程度のメッキ厚の注文などかなり薄メッキの品物が入ってきている現状です。

5ミクロン厚の品物を仕事上げの為、研磨材やつや出しといった感じで二度がけするコトもあり、さらにはバリがひどいと目を潰したペーパーでバリを取るというコトもあり。
気を抜いたり手を抜くと、すぐに結果として現れるのであります。

この数ミクロンのメッキ厚を自分の思い通りに調整できてこそ、職人の向上と言えるのでしょう。

〒210-0854
神奈川県川崎市川崎区浅野町3-10
(有)有冨硬質クローム
      TEL044(333)1301
         FAX044(333)1211

http://www.navida.ne.jp/snavi/3533_1.html

|

« 事務のゆみです。 | トップページ | めっきのてつです。 »

コメント

ご無沙汰しております。

我社にも時々、膜厚5ミクロン程のメッキ処理依頼が入ってきますが殆どが数物です。メッキ後はバフ研磨を必要としない事が多いです。余りにも薄いのでメッキを浸けたかと思えば、上げて、浸けたかと思えば上げて、これで良いのか?って感じです。
私としては寸法公差の指示がある様な処理の方が遣り甲斐があります。

>地肌を出すということは、バフ職人として恥ずべきコトでもある。

私の顔の地肌は青棒の粉で隠れてます。ももさんバフ研磨で私の地肌をだしてぇ~(⌒▽⌒)アハハ!

投稿: メッキ屋たくお | 2007年3月29日 (木) 21時20分

コメントありがとうございます。
我社では、厚さ5ミクロン程のでもバフ研磨は一応してますよ。
薄氷を踏むような気持ちで研磨しています。

投稿: もも | 2007年4月 2日 (月) 08時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146264/14314405

この記事へのトラックバック一覧です: バフのももです。:

» 油分の多い油脂研磨材(青棒) [(有)吉川ハードクローム−ブログ]
お疲れ様です。 先日も記事にしましたが油脂研磨材製造メーカーの 川上製作所様から営業なる一枚のハガキが届き、 油脂研磨材のサンプル品を送って頂きました。 丁重にお手紙まで頂きました。内容はホームページで ご紹介頂き有難う御座いますと言う手紙♪ こちら....... [続きを読む]

受信: 2007年3月29日 (木) 22時26分

« 事務のゆみです。 | トップページ | めっきのてつです。 »